1. TOP>
  2. サッカー

サッカー

現在健康ブームもあり様々な健康グッズやその手法が考案されていますが、その中でも最も基本である歩くもしくは走るということが脚光を浴びています。その理由としてこの歩くや走るは人間にとって生きていく上で大事な基本的動作でありますが、それ以上に体に与える効果というのは計り知れないものがあります。そのわけとは健康に生活するには体にある代謝と呼ばれる細胞の活性と再生をつかさどる事を全身に促す必要があります。その代謝において歩くや走るにおいて使う大事な部分である足には、その代謝に必要な体を再生し蘇らせる細胞が体の中にある筋肉の中で最も多く含まれているのです。さらに足には体の中で最も血管やリンパ節が密集している部分でありこれらは体のあらゆるところにその力を運ぶ役割があるのです。つまりこの足を使うということはその足にある血管やリンパ節を通して活性化した細胞がおのずと全身の筋肉にある代謝を促してダイエット効果を引き出し健康に役に立つのです。

しかしこの歩くと走るという行為は単純な作業のため飽きが生じてしまい継続が困難になるのです。そこで飽きを生じることがなく行い続ける上で最適なスポーツというのが今回のテーマであるサッカーなのです。このサッカーとは一つのボールを両端にゴールを置きプレイ時間を前後半合わせて90分とし、四方を100メートルで作られたグラウンドの上でボールを走って蹴ってそのゴール目指すスポーツです。なぜこのスポーツが健康にいいのかというと、それはこのスポーツがどんなものであるのかが関係しています。それはこのスポーツの最も大事なことはボールを蹴るのが基本ですが、それ以上に最終目標であるゴールを目指すにおいてこのボールを受けに行くことやもらいに行くことをするにはこの歩くと走るという行為が最も大事な要素であるためです。

そして飽きというものは単純作業をする際に目的意識が薄れていくことでなることであり、つまりこの飽きがこないようにするにおいてボールをゴールに運ぶという目的がはっきりするので飽きの予防につながるのです。そして歩くや走ることを1時間行って消費されるカロリーというのはご飯一杯分のカロリーに相当するので、それを90分行うと高い効果が得られるのがわかります。近年においてはこのサッカーを行える施設が整っているので、ぜひ夏休みには子供と仲間と一緒に楽しんで健康に役にたててほしいのです。