1. TOP>
  2. ジョギング

ジョギング

スポーツとしてジョギングを行っている方が増加傾向にあります。例えば国内でも有名な公園でも、会社員などが仕事前の早朝からジョギングを行う方が多く、注目されている場所が存在しています。健康を維持するためにはウォーキングを行うことも効果があると言われており、実際に骨密度が高くなるという結果も報告されています。ウォーキングの場合では走り込みを行う時と比較すると、身体に大きな負荷をかけることなく運動を行うことができるために、幅広い年齢層の方が行うことのできる基本的な内容となります。その一方でジョギングの場合ではスポーツの一つとして挙げることができるように、一定の筋肉を必要としています。

有名なアスリートの中にも走り込みを毎日欠かさず行う方も多く、あらゆるスポーツの原点とも言える内容になります。実際にどのような筋肉の部位が鍛えることができるかと言えば、脚の筋肉が一番効果のある部分になります。脚の筋肉でも下腿筋や大腿筋がメインとなりますが、その周囲の細かい筋肉に対しても効果を発揮することになります。また、腹筋もかなり鍛えることができます。短距離走などのスポーツ選手などでは特に求められることですが、走り込みを行う際にはかなりの腹筋量を必要とするために、走り込みを行うことによって自然と鍛えられることになります。

また、全身を使用する運動になるために、例えば腕を動かすために必要としている筋肉や、背中の筋肉、首周りの筋肉などに関しても影響を与えることになります。その結果として一定の距離を走破した場合では消費カロリーが高いものとなるために、健康維持だけではなく体型を維持することにも役立ちます。ダイエットを行っている方の場合では、最初の段階ではあまり無理をしてしまうと身体に不具合が発生してしまう場合もありますが、徐々に走破できる距離を伸ばしていくことによって、消費カロリーを増やすことが十分に可能となり、食事管理と共に行うことで、ダイエットも成功させることが可能になります。