1. TOP>
  2. 水中ウォーキング

水中ウォーキング

水中ウォーキングは、プールに行かないとできないため身近なスポーツではないと思われがちですが、実は陸上でウォーキングするよりも、ものすごく効果が高いのです。これは陸上でのウォーキングにはない水の抵抗というものがあります。その水の抵抗のおかげで前に進むときに使うエネルギーは陸上での数倍となり、より効果的かつ効率的に鍛えることができます。さらに歩くときに手をかきながら進むと腕も使うことになるので体のほぼ全体を鍛えることができます。 有酸素運動である水中ウォーキングの特徴は皮下脂肪・内臓脂肪を陸上でウォーキングを行うより効果的に燃焼できるというところです。

そのため、ダイエットや生活習慣病対策にはものすごく適した運動になるのです。この説明ではすごくハードでとても負荷の高い運動と思われるでしょうが、実際体にかかる負荷は、水による浮力のおかげで陸上でウォーキングをするよりも体にかかる負担はとても少ないのです。しかも、水の深さで水の抵抗による負荷を調節することができるので、やり始めのうちは浅いプールで体ならし、そして慣れてきたら深いプールでウォーキングをするということが容易にできる、といったこともこのスポーツの特徴でもあります。それと、ウォーキングの仕方によっても負荷を変えられるということもこのスポーツのメリットだと思います。

たとえば歩きながら腰回りをひねりながら歩いたり、腕を大きく振りながら歩いたりすると、とても体に大きな負荷がかかり、より効率的に脂肪を燃焼させたり体を鍛えることができるのです。 例え、水が怖いといった方や顔に水をつけることが嫌いな方でも、水のなかを歩くだけなので、そういう方でも気楽に楽しめるスポーツだと思います。それに加えて、先ほども説明した通りこのスポーツは本当に体にかかる負担が少ないのです。だから、老若男女問わずにチャレンジでき、水中ウォーキングはとても身近な運動です。