1. TOP>
  2. 寒い時季の屋外運動に注意

寒い時季の屋外運動に注意

冬の寒い時期、スポーツや屋外運動をするときには注意が必要です。 運動を始める時に寒いところで急に体を動かすと筋肉が収縮し、血圧が急上昇します。 そのため高血圧の人は血圧の上昇に伴い、動悸が激しくなったり心臓に負担をかけてしまいます。 寒いところにでスポーツ等を行うときは準備体操を入念に行い、体を温めておくことが必要です。 そうすることで筋肉の緊張もほぐれ、ケガ防止にも役立ちます。

また、すぐ汗をかくからと薄着でしてしまうとなかなか体があたたまりません。 熱くなったら脱ぐ方が体に負担が少なくて良いようです。 また冷たい空気を吸い込まないように、マスクをしておきましょう。 寒い時期に特に気をつけたいのは早朝ランニングやウォーキングです。 雨や雪が降った直後はすべりやすく、転んだりしてとても危険です。尻餅程度ならいいのですが捻挫したり骨を折ったりするとせっかく運動しようとしても意味がありません。 あまり早い時間に運動しようと思っているのであれば、屋内運動に切り替えるか手袋や帽子をかぶったりしてもしものケガに備えましょう。 このとき、寒いからとか天候が悪いからと言って運動をしないと、せっかくのやる気まで失ってしまいます。 いつものメニューができなくても簡単なものでいいので、体を動かすように心がけましょう。

最後のストレッチをするときは寒い屋外よりも暖かい屋内か、風の当たらないところで行いましょう。 せっかく温まった体が外気で急激に冷えてしまい、クールダウンで体を痛めてしまいます。 暖かいところで適度に刺激を与える程度に力を抑えて行いましょう。 あと忘れがちなのが水分補給です。 寒い時期は暑い夏と違って、喉が渇いたような感覚が少ないのでつい水分を摂るのを忘れがちです。 いくら寒いといっても汗はかいています。寒い時期でも脱水症状が起きるので、こまめに水分は補給しておきましょう。 また喉を潤すことで風邪の予防にもつながります。 冷たいドリンクでなく、暖かいものでもよいので用意しておきましょう。